✳︎切り絵


北斎切り絵

北斎を切っています。葛飾北斎はご存知江戸後期の浮世絵師です。富嶽三十六景の「赤富士」や「神奈川沖波裏」などが有名ですが、北斎漫画などに見られる人物描写の適確さ、巧みさ、多様性、デザイン性に惹かれます。北斎画を範とする切り絵制作にあたり、僭越ながら離れている線と線をつなげたり、模様を省略したり太さを加減したりして仕上げています。これにより北斎を体感したいと思っています。


切り絵

切り絵をやっていると、街に出てもこれは切ってみたい!というものに出会います。

切れないかも知れない…というくらい細かいものは切り絵魂をくすぐります。

景色であったり、モノであったり。

でも、切り込むことだけが目的にならないように心掛けています。

細かければいいってものでもないですから。

「かくれんぼ」は散歩中に見つけた樹木を切ったものですが、人の顔が多数隠れています。

探してみてください。

 


切り文字

二十四節気〜うち十二節気

この切り文字はカレンダー制作のためにつくりました。

一年に二十四節気ありますが、そのうちの十二節気です。

筆文字を基に切り抜いていくのですが、全部の文字(黒い部分)がくっついているのが、

切り絵の特徴なので、それに倣っています。切り絵もプラスし、変化をつけています。

筆文字をそのまま切るのではなく、にじみ、かすれなどの部分を工夫し、

また違った味わいが出せたらと思います。

 


似顔絵


切り絵−2


Copyright(c)Akio Iwasawa All Rights Reserved.